RSS | ATOM | SEARCH
胸腔と腹腔

体幹は胸の部分とお腹の部分とに分けれる

 

 

 

 

胸腔とは・・・横隔膜より上で胸の内腔をさす

 

腹腔とは・・・横隔膜より下で腹の内腔をさす

 

 

 

 

 

体を垂直に保ちおじぎをして

 

 

10キロを持ち上げようとすると、

 

 

手の位置、膝の角度にもよるが

 

 

腰の筋肉には14倍以上負担がかかる

 

 

 

 

 

 

 

 

重い物を持ち上げるとき息を止めて

 

 

お腹に力を入れて持ち上げる

 

 

 

 

 

 

そうすると胸腔・腹腔の内圧がたかまり

 

 

膨張構造により体幹をしっかりと

 

 

固定できるので腕の部分から

 

 

体幹を伝わり足の部分に

 

 

しっかりと力が伝わるようになる

 

 

 

 

 


この機能を使えば、腰にかかる負担は

 

 

50% 半分に減る。

 

 

 


そして、空手では素早く動いたり、

 

 

決め」・「キレを作る時に使う

 

 

 

胸腔腹腔の内圧は別々に高めれるので、

 

 

胸と腹は別々に使えると知っていたほうが良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枚方で空手するなら西村道場

http://nishimura-karate.com

 

 

 

 

 

author:空手&治療家 西村俊寛, category:胸腔・腹腔, 01:40
comments(0), -