RSS | ATOM | SEARCH
肩甲骨

 

肩甲骨を動かそう


メリットは


肩凝り・頭痛の軽減

代謝が上がる

ダイエット効果

体のラインが綺麗になる

そして何より空手が上手くなる



肩甲骨の動きには

挙上・上方回旋・外転

下方回旋・下制・内転

があります。



空手の<突き>をする時に良く

手をしっかり前に伸ばすとか

肩を前にいれるとか

肩甲骨を触ってひっかかりが

あると良くないとか

いろいろ言われます

 

 



また教えてもらう方にしては

先生違うこと言ってるやん

って思われる人もいます

 



しかし、どれもやってほしい

事は解剖学的に見れば一緒なんです

 

 



それは肩甲骨の外転です

外転とは胸を張って肩甲骨

を脊椎方向に寄せるの反対で

脊椎から遠ざけることです

 

 



使う筋肉は

前鋸筋・小胸筋

前鋸筋は肩甲骨を胸壁に固定

する役目があるので

 

体と腕の関節の安定性が増します

 

 

 

 

関節は動く物なので不安定で

 

あれば力の伝達が悪くなります

 

安定性が増せば、作り出した力

 

全てが伝わります

 

 


 

 

肩甲骨の動きの理解って大切ですよね

まだ外転だけの話ですが

こういう解剖学からという

 

観点などいろんな角度から

 

空手を考えることも

楽しいですよね

 

author:空手&治療家 西村俊寛, category:肩の話し, 22:03
comments(0), -