RSS | ATOM | SEARCH
体験からのステップアップ

 

 

 

 [子供にいろいろな体験をさせよう] 

 

 

 

と一般的にいいますが、その体験をさらに

 

 

 

 

 

 10倍身につかせる 方法があります。

 

 

 

 

 

 

それは、体験を経験に変えるという方法です。

 

 

 

 

「体験」とは

 

 

起こった出来事、事実の事を指し、

 

 

 

 

 

「経験」では

 

 

その出来事や事実を解釈した結果の事を指します。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、空手の大会で負ける、

 

 

という出来事がありました。

 

 

 

 

 

それは子供にとって、大会で

 

 

 

負けたという「体験」になります。

 

 

 

 

 

しかしこの体験は、いろいろな解釈ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今そして、この解釈の仕方により、

 

 

今後の考え方や取り組み方に

 

 

大きく影響を与えます。

 

 

 

 

 

 

解釈の仕方は大きく分けて、

 

 

’塾 努力 F馘 け拭

 

 

に分かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 崋分が速く動けないから負けた」

 

 

◆嵶習をしなかったから負けた」

 

 

「強い子がたくさんいたから負けた」

 

 

ぁ峪邱臙罎砲弔泙鼎い燭ら負けた」

 

 

 

 

 

 

とひとつの体験でも解釈の仕方で

 

「経験」の作られ方が変わってきます。

 

 

 

 

 

 

 

自信のある子は失敗の原因を

 

 

「努力」と結びつけ、

 

 

 

 

「もっと練習すれば勝てる」と

 

 

次のモチベーションを高められます。

 

 

 

 

 

逆に「能力」に結びつける子は

 

 

どうせ力がないだとか、頑張っても無理だ

 

 

と考えて自信を失います。

 

 

 

 

 

 

「難度・運」

 

 

相手が強すぎた、

 

 

試合中につまづいたから

 

 

運が悪かったと思う子は、

 

 

次の挑戦に結びつきません。

 

 

 

 

 

 

 

経験の解釈のコントロール

 

 

小さい子供にはまだまだできないので、

 

 

親が一緒になって考えてあげ、

 

 

良い経験になるように導いてあげることが大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

これから大会・審査とありますが

 

 

沢山子供と話し合い良い経験になるように

 

 

導いてあげれればとても素晴らしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

枚方で空手するなら西村道場

http://nishimura-karate.com/

 

 

 

 

author:空手&治療家 西村俊寛, category:教育, 01:13
comments(0), -