RSS | ATOM | SEARCH
コーディネーショントレーニング

コーディネーショントレーニングとは

 

 

旧東ドイツがアスリートを

 

 

育成するために考案したトレーニングであり

 

 

7つの構成から出来ている

 

 

 

 

この7つの能力は運動神経

 

 

を構成要素と考えられている

 

 

 

 

 

 

リズム能力

 

 

フットワークや相手の動きに合わせたり

 

 

リズムを変えてフェイントなど

 

 

どんなスポーツにおいても

 

 

欠かすことのできない基礎能力

 

 

 

 

 

バランス能力

 

 

動作をしているときの上体を安定させる能力

 

 

蹴り、突き、踏み込みなど大きな動作をしても

 

 

この力が大きければ、不安定になることはない

 

 

 

 

 

連結能力

 

 

関節や筋肉の動きをタイミングよく

 

 

同調させ動かす能力

 

 

同調させることによって

 

 

技のスピードやキレが出る

 

 

 

 

 

識別能力

 

 

視覚に関連して、道具を上手く操作する能力。

 

 

道具とは、手足もその一つに入る。

 

 

 

 

定位能力

 

 

自分や相手の位置関係、

 

 

距離感覚など把握する能力。

 

 

空間把握能力ともいわれる。

 

 

 

 

 

変換能力

 

 

条件に合った動作の素早い

 

 

切り替えを可能にする能力。

 

 

相手に合わせて行動したり、

 

 

環境に対応できる。

 

 

 

 

反応能力

 

合図に対して、正確かつ素早く対応する能力

 

 

 

 

以上7つになる

 

 

 

 

author:空手&治療家 西村俊寛, category:運動神経をよくする, 00:02
comments(0), -
Comment